マルチクラウド対応のデータセキュリティ ソリューション

タレス eセキュリティのマルチクラウド対応暗号化と鍵管理ソリューションでデジタルトランスフォーメーションにおけるセキュリティを確保

高度な暗号化によって、クラウドプロバイダーでは不可能な保護を実現

タレス eセキュリティ
責任共有ダイアグラム

Cloud Narrow Shared Responsibility

責任共有モデルが広く浸透し、クラウドプロバイダーがクラウドのセキュリティについて責任を持つ一方で、クラウド内のデータのセキュリティについて責任を負うのは購入者側であるという認識が高まっています1

オンプレミスおよびクラウドにあるデータのセキュリティについては、基本的にお客様が責任を負うことになります。ワークロードを複数のクラウドプロバイダーに移行する際、自社データのセキュリティについて自信がありますか?社内および業界のデータ保護要求に準拠できていますか?利用しているクラウドプロバイダーが召喚された場合、自社のデータは保護されますか?クラウドプロバイダー間でデータを迅速に移行することはできますか?タレス eセキュリティのクラウドセキュリティソリューションは、マルチクラウドのセキュリティに関するこうした問題を解決します。

パブリッククラウドソリューション

タレスは、業界を代表する世界中のInfrastructure-as-a Service、Platform-as-a Service、Software-as-a Service(IaaS、PaaS、SaaS)プロバイダーと提携し、パブリック、プライベート、ハイブリッドのすべてのクラウドを対象としたマルチクラウド戦略をサポートしています。クラウドセキュリティソリューションには以下のようなものがあります。

タレス eセキュリティ:信頼できるマルチクラウドパートナー

タレス eセキュリティは、マルチクラウドの高度な暗号化マルチクラウドの鍵管理ソリューションを使用して、データを管理するデジタルトランスフォーメーションを安全に保護します。

1各責任共有モデルを参照:Amazon Web ServicesMicrosoft Azure

インタラクティブなデモを閲覧する デモ
ライブデモの申し込み デモの申し込み
スペシャリストへのコンタクト お問い合わせ