eIDASに対応するソリューション

タレスはHSMを利用したデジタル証明書、デジタル署名、タイムスタンプを提供するサービスプロバイダを支援します

eIDASとはEU地域の法規制でデジタルID、認証、署名の基準を定めています。eIDAS規則は単一市場としてのヨーロッパにおける安全な電子商取引を推進することを目的に策定されました。

eIDAS規則は政府機関はもちろんEU市民権保持者に対してオンラインでID、認証、署名サービスを提供する事業者にも適用されます。

eIDASでは、EU地域で汎用的に利用できるIDとデジタル署名のフォーマットの基準に準拠することが要求されます。つまり、eIDAS規則は、税務諸表、保険契約、銀行契約、B2B電子請求書、医薬品記録に関連するサービスに適用されます。また、EUのアイデンティティを必要とする商業サービス(例えば、いわゆる「KYC」サービス)も銀行業務に適用されます。ここに例示したビジネスに関連して提供されるトラストサービスは、もちろん、eIDASの規則が適用されます。

トラストサービスに信頼性を提供するタレスのハードウエア・セキュリティ・モジュール(HSM)

nShield HSMは、暗号化および署名鍵の生成および管理、機密コードの実行に耐タンパー環境を提供し、トラストサービスに高い信頼性を提供します。

eIDASの基準に準拠するnShield HSMs

コモンクライテリア(CC) EAL4+ (AVA_VAN.5)の認定取得済みのnShield HSMは安全な署名を生成するデバイス(SSCD)として認知されています。nShield HSMはeIDAS規則に準拠するように設計されており、国境を越えた安全基準を満たすデジタル署名、タイムスタンプの生成と安全なビジネス取引をより確かなものにします。

セキュリティ認定取得の重要性

デジタル証明書、タイムスタンプ、デジタル署名の生成・発行に、セキュリティ認定を取得したnShield HSMを利用することで、サービスプロバイダがeIDAS規則に準拠したソリューションを提供することを支援します。

インタラクティブなデモを閲覧する デモ
ライブデモの申し込み デモの申し込み
スペシャリストへのコンタクト お問い合わせ