最適化されたトークナイゼーションと動的なデータマスキング

平文形式の機密データを隠匿できます

クレジットカード

Vormetric トークナイゼーションと動的なデータマスキング

Vormetricのボルトレス・トークナイゼーションと動的なデータマスキングにより、PCI-DSSなど、セキュリティポリシーおよびコンプライアンスを遵守するために必要なコストと労力を大幅に削減することができます。このソリューションは、既存データのトークン化と動的に表示データを制限する機能を提供します。データセンター、ビックデータ、コンテナ、クラウド環境に存在する知的財産の保護および匿名化を効率的に進めることができます。

Vormetric ボルトレス トークナイゼーションと動的データマスキング
PCI DSSコンプライアンス対象範囲を効率的に縮小する

Vormetric ボルトレス トークナイゼーションと動的データマスキングにより、最小限のコストと工数でPCI DSSの対象範囲からカード会員データを除外し、業界標準に準拠する負担を大幅に削減できます。

リスクを招くことなくイノベーションを促進する

データをトークン化することで、クラウドやビッグデータ、外部委託環境に移行する際も、制御機能やコンプライアンスを維持できます。

グローバルに拡張可能

トークンの同期やパフォーマンスを気にすることなく、ボルトレス トークナイゼーション ソリューションをグローバルに導入できます。サーバクラスタリングにより、容易に規模を管理できます。

Tokenization Choices

Vormetric Tokenization combines the scalability and availability benefits of a vaultless solution with business-centric options for protecting data: both format-preserving and random tokenization. Format-preserving tokenization enables data protection without changing database schemas and offers irreversible tokens. Random tokenization offers high performance, convenient data protection.

Dynamic Data Masking

Administrators can establish policies to return an entire field tokenized or dynamically mask parts of a field. For example, a security team could establish policies so that a user with customer service representative credentials would only receive a credit card number with the last four digits visible, while a customer service supervisor could access the full credit card number in the clear.

Simple, Non-Disruptive Implementation

Tokenization mechanisms, methods and dynamic data masking rules are defined in a centralized, friendly graphical user interface (GUI). This dramatically reduces programming required for data protection. In addition, a range of format-preserving tokenization mechanisms are available to reduce requirements for changing the database schema. The Tokenization Server’s virtual appliance form factor enables fast scaling.

トークナイゼーション機能:

英数字フォーマット保持(FF1/FF3)トークナイゼーションまたは最大128KBまでのランダムトークナイゼーション、日付のトークナイゼーション

動的データマスキング機能:

英数字、カスタムマスキング文字

サポートされる検証方法:

Luhnチェック

仮想アプライアンス:

オープン仮想化フォーマット(.ovf)、国際標準化機構(.iso)、Microsoft Hyper-V、Microsoft Azure Marketplace、Amazon Machine Image(.ami)、Google Cloud Platform

アプリケーション統合:

REST APIs

認証統合:

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)、Active Directory(AD)

高性能:

トークンサーバあたり100万を超えるトークナイゼーション トランザクション

クラスタリングにより、トークナイゼーション サーバの冗長化や地理的分散、スケールアップを実現

ソリューション概要 : Vormetric トークナイゼーションと動的ダイナミックマスキング

トークン化とデータマスキング:セキュリティおよびコンプライアンスを目的としてデータを匿名化します。Vormetric Data Security Platformは、トークン化機能を備えています。この機能によって、PCI DSS(クレジットカードデータ保護基準)のようなセキュリティポリシーや規制上の指令に準拠するために必要なコストおよび作業負担を大幅に削減できます。

ダウンロード

調査およびホワイトペーパー : Vormetric トークナイゼーション(英語)

多くのIT組織にとって、PCI DSS(クレジットカードデータ保護基準)や企業のセキュリティポリシーに準拠することは非常に手間のかかる複雑な作業で、莫大なコストを要します。そこで、Thales eSecurityが優れた手段を提供します。Vormetric トークナイゼーションと動的ダイナミックマスキングを活用すれば、セキュリティチームは、コンプライアンス目標に対応しながら、業務の効率性を飛躍的に向上させることができます。

ダウンロード

調査およびホワイトペーパー : タレス eセキュリティのトークンサーバーの評価(英語)

Fortrex Qualified Security Assessor(QSA; 認定セキュリティ評価機関)は、Thales eSecurity Token Serverを評価し、サーバが適切に導入され、安全なカード所有者環境で設定された場合、PCI DSSアセスメントの対象となるシステムの範囲を縮小できると判断しました。また、このソリューションが、企業環境におけるその他の機密データをトークン化するために利用できることも認められました。Fortrexは、ホワイトペーパー「Thales eSecurity Token Serverの評価」で、その評価プロセスを詳細に説明しています。

ダウンロード

ホワイトペーパー : PCI DSS 3.0暗号化ルールへの準拠(英語)

このホワイトペーパーでは、Vormetric 透過暗号(VTE:Vormetric Transparent Encryption)が、従来型のサーバや仮想環境、クラウド、ビッグデータ環境で、保管データの暗号化、アクセス制御、およびデータアクセスの監査ログ機能を使用して、PCI DSS 3.0の要件に対応する方法について説明しています。このペーパーでは、VTEで対応できるPCI DSSの3、7、8、9、10の各要件について説明しています。

ダウンロード
インタラクティブなデモを閲覧する デモ
ライブデモの申し込み デモの申し込み
スペシャリストへのコンタクト お問い合わせ