SAP HANA環境に強力なデータセキュリティ機能と制御機能を導入

アプリケーションの最適なパフォーマンスを維持しつつ、SAP HANA環境でデータを迅速に保護する実証済みのアプローチ

Vormetric 透過暗号(SAP HANA対応)

Vormetric 透過暗号は、SAP HANAデータを保護するための実証済みのアプローチで、セキュリティ、データガバナンス、コンプライアンスに関する厳格な要件に対応します。このソリューションは迅速に導入することが可能で、SAP HANAや、基盤となるデータベースおよびハードウェアインフラストラクチャに変更を加える必要はありません。各組織は、このソリューションを活用することでSAP HANAのデータボリュームやログボリュームを暗号化し、強固なガバナンスを確立し、職務を分離することができます。

強力な制御機能を確立

SAP HANAのデータボリュームとログボリュームを暗号化することで、特権ユーザーが機密データに許可なくアクセスするのを防ぐことができます。

暗号化の導入を効率化

SAP HANAや関連するアプリケーションおよびインフラストラクチャに変更を加えることなく、SAP HANA環境内の機密資産を暗号化できます。

クラウド内での管理権限は維持

暗号化鍵の管理権限を維持しつつ、クラウド環境や他のマルチテナントインフラストラクチャ内のデータを暗号化できます。

一元的なポリシー/鍵管理

Vormetric データセキュリティ マネージャーを活用することで、暗号化鍵、セキュリティポリシー、監査ログに対する強力な一元管理体制を確立できます。詳細な監査ログを取得し、監査やコンプライアンスレポートに対応できます。ログをSIEMと簡単に統合できるため、インテリジェンス、修復機能、制御機能を強化できます。

包括的な適用範囲

構造化データにも非構造化データにも、暗号化による保護機能を適用できます。SAP HANA、関連データベース、ログファイル/設定ファイル、その他各種ファイル内で保護機能を確立します。物理環境、仮想環境、クラウド環境全体で機密データを保護します。

強力な制御機能

特権ユーザーやその他の内部スタッフによる悪用/誤用を防ぐため、監査可能なきめ細かい制御機能を確立できます。データ管理者とセキュリティ管理者の間で、明確に定義された強固な職務分離を実現します。FIPS 140-2 Level 3認定のアプライアンスを活用できます。

ソリューション概要 : Vormetric データセキュリティ(SAP HANA対応)

タレス eセキュリティは、SAP HANAを保護するための実証済みアプローチを提供しています。SAPや基盤となるデータベースおよびハードウェアインフラストラクチャに変更を加えることなく、迅速に導入してデータを保護することができます。Vormetric 透過暗号は、SAP HANA環境での使用に適している製品としてSAPに承認されています。各組織は、暗号化鍵の管理権限を維持しつつ、HANAのデータボリュームやログボリュームの暗号化、ポリシーシステム管理者/rootユーザー/特権ユーザーによるHANAデータへのアクセスの制御、クラウドサービス プロバイダーのインフラストラクチャ内でのHANAデータボリュームやログボリュームの保護(暗号化)を実現できます。

ダウンロード

ホワイトペーパー : SAP向けのデータセキュリティを理解する

企業運営に欠かせないSAPモジュールは、エンタープライズリソースプランニング(ERP)から人事管理(HR)に至るまで、幅広い分野を対象としており、多くの場合、内部ガバナンス要件や外部法規制の対象となる機密データを含んでいます。SAPデータを保護する際の課題、さまざまなテクノロジーアプローチ、それぞれのメリット/デメリットについてご確認ください。

ダウンロード
インタラクティブなデモを閲覧する デモ
ライブデモの申し込み デモの申し込み
スペシャリストへのコンタクト お問い合わせ