Vormetric Data Security Platform

シンプルでワンストップ、 保存データ保護のためのセキュリティ・プラットフォーム

Vormetric Data Security Platform

Vormetric Data Security Platformは、組織全体における保存データのセキュリティを簡単かつ効率的に管理する為のプラットフォームです。拡張性のあるインフラストラクチャをベースとして構築されているプラットフォームには数多くのデータセキュリティ製品が入っており、個別実装だけでなく、組み合わせて実装することでより高度な暗号化やトークナイゼーション、鍵の統合管理を実現することができ、低コストかつセキュアに今後のセキュリティ対策や新たなコンプライアンス要件に対応することが可能です。

低コスト

1つのプラットフォームを集中管理し、包括的なデータセキュリティ・ソリューションを提供します。

データセキュリティ

データそのもののセキュリティを高めることで、不正アクセスによる脅威を最小限に抑えます。

コンプライアンス

暗号化やアクセス制御、監査ログ、鍵管理などのプラットフォーム機能により、政府機関や企業のコンプライアンス要件を満たします。

ポリシー管理 / 鍵管理

FIPS140-2準拠の仮想アプライアンスまたはハードウェア・アプライアンス

サポート対象

物理サーバ、仮想サーバ、パブリック・プライベート・ハイブリッドクラウド、ビッグデータ、データコンテナ

暗号化技術

Advanced Encryption Standard(AES)、Format Preserving Encryption(FPE)、Granular Database、Transparent File-level

データの仮名化技術

暗号によるトークン化、ランダムなトークン化、データマスキング、一括変換

データシート:Vormetric Data Security Platform

Vormetric Data Security Platformは、組織全体を通じて保存データのセキュリティを効果的に管理できるようになります。伸展性のあるインフラストラクチャをベースに構築されているVormetric Data Security Platform は、個別に実装可能ないくつかの製品で構成されており、これらを使用することで鍵とポリシーの効率的な集中管理が可能になります。

ダウンロード

市場調査レポート:2018年度 日本市場における暗号化動向調査

Ponemon Institute がタレス eセキュリティ の後援を受け実施した日本国内468 名から得た調査結果より、クラウド利用の 増加と知的財産の保護に対するニーズが暗号化戦略の 変化を後押ししていることが明らかになっています。

ダウンロード

市場調査レポート: 2018年度 Data Threat Report - グローバル版

デジタルトランスフォーメーションは本質的に組織をデータ主導の世界へ導くものです。そのため、慎重に扱うべきデータをクラウドやビッグデータ、IoT、コンテナ、モバイル環境で使用している組織は94%に上っています。これにより、エスカレートするサイバー攻撃による従来のデータリポジトリへのリスクが増大する一方で、新たな攻撃対象と、データへの新たなリスクが生まれています。組織はどのようにして問題に対処しているのか?何を変えるべきなのか?

ダウンロード
インタラクティブなデモを閲覧する デモ
ライブデモの申し込み デモの申し込み
スペシャリストへのコンタクト お問い合わせ