KMIP(Key Management Interoperability Protocol)とは何ですか?

サイバーセキュリティに関するご質問にタレス eセキュリティがお答えします。

KMIP(Key Management Interoperability Protocol)とは何ですか?

構造化情報標準促進協会(OASIS)によると、「KMIPは、鍵管理システムと暗号化対応アプリケーション(電子メール、データベース、ストレージデバイスなど)との間の通信を実現するものです」

KMIPによって、企業が暗号化鍵を管理する方法がシンプルになり、互換性のない冗長な鍵管理プロセスが不要になります。暗号化鍵の生成、送信、取得、削除など、鍵ライフサイクル管理は、標準で有効になっています。KMIPは、従来の暗号化アプリケーションでも新しい暗号化アプリケーションでも使用できるように設計されており、対称鍵、非対称鍵、デジタル証明書、認証トークンなど、さまざまな暗号化オブジェクトをサポートしています。

KMIPは、グローバルな非営利コンソーシアムである構造化情報標準促進協会(OASIS)によって策定されました。OASISは、セキュリティやIoT、エネルギー、コンテンツテクノロジー、緊急事態管理など、さまざまな分野で標準の策定、統合、普及に取り組んでいます。

関連記事