透過的暗号化とは何ですか?

サイバーセキュリティに関するご質問にタレス eセキュリティがお答えします。

透過的暗号化とは何ですか?

暗号化とは、アルゴリズムを使用してデータを暗号文にエンコードするプロセスのことを指します。データにアクセスするユーザーやアプリケーションが、暗号文を復号するツール(暗号化鍵)を持っている場合に限り、この暗号文を再び意味のある文に戻すことができます。そのため、データが盗まれたり誤って共有されたりした場合でも、判読できない状態のため、元の情報は保護されます。「透過的」の意味はプロバイダーによって異なりますが、Vormetric 透過暗号の場合、ユーザーが暗号化のプロセス全体を「意識しなくてもすむ」ように、暗号化と暗号化鍵へのアクセスを管理します。つまり、認証されたデータユーザーは、データをストレージから取得する前にストレージ内でデータが暗号化されていたことや、ストレージに戻すと再度暗号化されることをまったく意識していないということです。 Vormetric 透過暗号は、タレス eセキュリティ製品の1つです。

コンプライアンス

暗号化は、PCI DSSや、HIPAA/Hitech、GDPRなど、コンプライアンスやデータプライバシーに関するほぼすべての規格や要件において、推奨のベストプラクティスとなっています。

関連記事