2019年 タレス データ脅威レポート
日本市場版

IDCによる調査と分析

33%以下の日本企業が、デジタルトランス
フォーメーション技術と共に暗号化を使用

ダウンロード

リスクにさらされている機密データ

「機密データを保護する重要性を認識しているにも関わらず、弊社の調査で明らかになった企業の暗号化率は驚くほど低いのが現状です。調査したユースケースの大部分で暗号化を使用していると回答した調査対象の日本企業は、グローバルな調査結果とほぼ同じく、30%以下でした」‐IDC

主要な統計資料

92%

機密データをDXテクノロジーで使用中

33%

33%以下の回答企業が、暗号化をDXテクノロジー環境で使用

45%

データ侵害を受けたことがある。うち、21%は昨年中

データ侵害への脅威に関連する調査レポート

2018年度 タレス データ脅威レポート

DXは本質的に組織をデータ主導の世界へ導くものです。そのため、機密データをクラウドやビッグデータ、IoT、コンテナ、またはモバイル環境で使用している組織は94%に上っています。これにより、新たな攻撃対象と、データへの新たなリスクが生まれています。

詳細はこちら

2017年度タレス データ脅威レポート

エスカレートするサイバー攻撃や、従来のインサイダースレット(内部の脅威)、プライバシー要件やデータの格納場所に関する規制により、世界中の企業は、自社のデータを保護し、データ関連のリスクに組織がさらされないように努めなくてはならないという強いプレッシャーに直面しています。

詳細はこちら
2019年 タレス データ脅威レポート‐日本市場版 本調査レポートの日本エディションは、アンケート回答企業1,200社のうち、ITやデータセキュリティに責任を負い、影響力のあるITセキュリティを専門とする日本企業100社の回答をまとめたものです。 ダウンロード