アクセス管理インデックス 2019

回答企業の約半数が、クラウトアプリケーションは
サイバー攻撃の最大の標的だと信じている

クラウドアプリケーションと ID データの爆発的な増加により、現代の IT意思決定者は、クラウドのスピードと、企業のセキュリティ、コンプライアンス、スケーラビリティに関するニーズを満たすよう求められています。主流の消費者向けアプリケーションが提供するユーザーエクスペリエンスを凌駕するべく、新しい ID 領域の多面的な課題に対処するクラウドアクセス管理ソリューションが登場するようになりました。

download report

エグゼクティブサマリーをダウンロードして、
調査結果をご覧ください。

レポートをダウンロード

主な統計値

49%

クラウドアプリケーションはサイバー攻撃の最大の標的だと信じている回答企業の割合

94%

企業のセキュリティポリシーが過去12か月の間に消費者の情報漏洩によって影響を受けている回答企業の割合

62%

企業がサイバーセキュリティに対する意識が高まっているにもかかわらず、CISOを置かずに事業を継続している企業の割合

クラウドおよびWebベースのアプリケーションを保護する、最も有効なアクセス管理テクノロジーは何ですか?

58%

二要素認証であると信じている割合

49%

スマート シングルサインオンで
あると信じている割合

47%

生体認証であると信じている割合

詳細については、インフォグラフィックをダウンロードしてください。

動画を見る(英語)

「タレス アクセス管理インデックス 2019」について

IT およびデータセキュリティに関して責任を担う、または影響力を有する世界11 か国1,050 名の経営幹部を対象に調査を実施、その結果をまとめたものです。タレスがスポンサーとなり、Vanson Bourne 社が調査、
報告、分析を行いました。

Thales Access Management Index