2018年度
日本市場における暗号化動向調査

マルチクラウドの利用と知的財産の保護が加速する、
暗号化と鍵管理の新たな時代

ダウンロードはこちら
2018年度 日本市場における暗号化動向調査

2018年度 日本市場における暗号化動向調査

Ponemon Institute がタレス eセキュリティ の後援を受け実施した日本国内468 名から得た調査結果より、クラウド利用の 増加と知的財産の保護に対するニーズが暗号化戦略の 変化を後押ししていることが明らかになっています。

主な統計値

74%

パブリッククラウドによる
暗号化を部分的または
大規模に導入済み

57%

保管データの暗号化を制御
する鍵のみを使用する予定

45%

企業全体に一貫した
暗号化戦略を適用

関連レポート

2017年度グローバルPKI動向調査

今日の企業では、平均8つの異なるアプリケーションへの対応を目的として公開鍵インフラストラクチャ(PKI)を利用しています。しかしPKIに対する現行のアプローチは細分化が進み、必ずしもベストプラクティスを取り入れたものではありません。 11ヵ国1500名以上を対象とする本調査で、将来のPKI計画・導入に対する主な傾向と加速要因を明らかにしています。

詳しくは

2018年度 グローバル市場における暗号化動向調査

今日の環境においては、データ保護の重要性がかつてなく増しており、ビジネスもそれに対応する動きを見せています。Ponemon Institute がタレス eセキュリティ の後援を受け実施した13回目となる今回の『グローバル市場における暗号化動向調査』で、クラウドの利用がどのように増加し、コンプライアンス対応の加速が新たな暗号化戦略の採用をどのように後押ししたのかを明らかにします。

詳しくは
2018年度 日本市場における暗号化動向調査 Ponemon Instituteが実施した「2018年度 日本市場における暗号化動向調査」は、
日本国内468名から得たアンケート調査結果に基づいています。
ダウンロードはこちら