レポートー グローバル版


デジタルトランスフォーメーションと新たな脅威により大きな混乱が生じている
67%の組織がすでに侵害を受けた経験あり
データの保護方法を変えなければ、再び侵害される

ダウンロード
2018 Thales Data Threat Report―グローバル版

デジタルトランスフォーメーションとエスカレートする脅威が促す激しい変化

デジタルトランスフォーメーションは本質的に組織をデータ主導の世界へ導くものです。そのため、慎重に扱うべきデータをクラウドやビッグデータ、IoT、コンテナ、モバイル環境で使用している組織は94%に上っています。これにより、エスカレートするサイバー攻撃による従来のデータリポジトリへのリスクが増大する一方で、新たな攻撃対象と、データへの新たなリスクが生まれています。組織はどのようにして問題に対処しているのか?何を変えるべきなのか?今すぐ登録してレポートをお読みください。

主な統計値

67%

全世界の企業で侵害を受けたことのある割合。米国では73%

42%

今年侵害を受けた企業のうちで過去にも侵害を受けたことのある割合

79%

ITセキュリティへの出費を増額した組織の割合。それにもかかわらず侵害は減少していない。

関連レポート

2017 Thales Data Threat Report

エスカレートするサイバー攻撃や、従来の内部犯行による脅威、プライバシー要件やデータの格納場所に関する規制により、世界中の企業は、自社のデータを保護し、データ関連のリスクに組織がさらされないように努めなくてはならないという強いプレッシャーに直面しています。

詳細はこちら

2016 Data Threat Report (英語)

The Data Threat Report, a partnership of Thales eSecurity and 451 Research, analyzes survey data from over 1,100 senior security executives around the world. Risks are identified, regional and industry trends are examined and the most effective ways of securing an organization’s data are strategized.

詳細はこちら
レポートー グローバル版 451リサーチ社の情報セキュリティ分野プリンシパル・アナリストであるガレット・ベッカーの手による今年のレポートは、1,200名を超える世界中のセキュリティ担当役員へのアンケート調査に基づいています。 ダウンロード